精密機械技術者になるには

>

精密機械技術者とはどんな仕事をする人なのでしょうか

精密機械技術者に向いている人

精密機械に限らず、ものづくりを仕事とする上で、常に低原価、高品質が求められます。
原価を抑えるためには人件費を抑えるためスピーディーに作業して納期を短くしなければならない場面もあります。
市場競争力のある製品を作り出すためです。
その為にはより高い技術を安価で提供するための向上心を常に持つこと、新たな技術を積極的に取り入れ、アイデアを形にしていく姿勢が大切です。
また、失敗の連続の末、成功を導き出す、という根気強さも必要です。
そして、それを一人で行うのではなく、チームメイトや社内他部署である営業や管理とも連携して最大の結果を出すため、他の人の意見も聞き、逆に、自分の意見も積極的に相手に伝えるといったコミュニケーション能力のある人が向いています。

精密機械技術者に向いていない人

自分の担当した仕事に対し、結果どうなったかの確認をしない、検査した結果などの確認をおこなわない、といった、「やりっぱなし」の人、つまり、向上心の無い人は、精密機械技術者には向いていないといわれています。
技術は常に新しいものが開発されます。
自分の仕事の結果を受け入れ、検証し、足りない部分があったら修整や、新たな技術を生み出す為の努力を続けていくことが、この仕事では重要です。
また、開発は一人で行うよりも、チームで作業することが多くあります。
チームワークを乱すような、単独行動の多い人も、向いているとは言えません。
もっとも、向上心が無い、チームプレイができない人というのは、一般的に見ても高い評価は与えられることはありません。


この記事をシェアする