精密機械技術者になるには

>

工学部と理工学部の違い

工学部とは

既に開発されている科学技術を応用して、私達の生活に役立つものを作り出したり、役立てるための学識や技術、研究方法を習得する事を目的とした学部です。
理工学部よりも歴史が古い場合が多いです。

例えば、既に存在するスマホをより軽量にしたり、薄くしたりするために、既存の部品をどう小型化するか、小さくするためには回路の形をどの様に変える必要があるのか、などを探求し、成果物として造り上げることを習得させるのが工学部の教育です。

大学によって呼び方は変わりますが、学部の下には建築学、電気工学、情報工学、機械工学など、専門分野に細かく別れた学科が存在します。

「ものづくりがしたい」という気持ちが強い人は向いている学部です。

理工学部とは

「理」と「工」が両方入っています。
前に述べたように、「工学部」はすでにある科学技術を応用して役立つものを造る研究をする学部です。
「理学部」は数学、物理などの自然科学をさらに探求することを学ぶ学部。
つまり両方の学問を学ぶことができる学部です。

例えば、ロケットの製造を見ると、まず、宇宙空間がどうなっているのかを知るために、ブラックホールの解析などを行い、研究をします。
これは理学の範疇です。
そして、この理学的観点から導き出された仮説を実際に証明するため、ロケットを宇宙へ放つ。
このロケット製造は工学の範疇となります。
2つの分野の学問が合わさってNASAの宇宙計画は進められています。

このように、「ものを作りたい」と共に「もっと深く知りたい」を持ち合わせた人が向いている学部が理工学部なのです。




この記事をシェアする